STYLETTO(スタイレット)
2018年9月10日(月)発売開始

プレスリリース 2018年9月6日

もう補聴器と呼ばない、スタイレット。 イヤウェア、すぐれた音質と新しいデザイン。
「STYLETTO(スタイレット)」 2018年9月10日(月)発売開始

ずっと難聴に悩んでいた、モデル・有里 スタイレットとの出会い
難聴である鳥越氏が語る、できるビジネスパーソンの新常識

シバントス株式会社(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長:笠原哲治)は、シグニア補聴器より、すぐれた音質と新しいデザインが特徴のイヤウェア「STYLETTO」(以下、「スタイレット」)を、2018年9月10日(月)に新発売します。
「スタイレット」は、スタイリッシュなデザインと最先端テクノロジーを融合させたイヤウェアです。「スタイレット」を通じて、消費者が抱きがちな補聴器に対する「見た目」や「わずらわしさ」といった抵抗感を取り払い、明瞭な聞こえで人生を満喫し、毎日を楽しんでいただくことを目指しています。
また、同製品のモデルとしてモデル・有里さんを起用しました。有里さんは10年以上難聴に悩んでおり、「スタイレット」との出会いをきっかけに自分と同じ悩みで苦しんでいる人々に、“世界にはこんなにも色んな音が溢れていることを知ってもらいたい”といった思いから、難聴であることをこの度、公表しました。

styletto

▼「STYLETTO(スタイレット)」オフィシャルページ
https://styletto.hikikoe.com

■補聴器のイメージを一新する、スタイリッシュなデザインのイヤウェアが新登場!

「スタイレット」は、常に自分らしく個性を大切にしたいと願う人々のために生まれた、“聞こえ”をスタイリッシュに装うイヤウェア。「もう補聴器と呼ばない、スタイレット。」をコンセプトに、すぐれた音質と新しいデザインであなたらしさを表現します。

<スタイリッシュに装う。>
製品の最大の特徴は、これまでの補聴器のイメージを一新する、スタイリッシュなデザインです。シンプルで洗練されたフォームと優雅なラインは、まるでアクセサリーのように身に着けることができます。
カラーバリエーションは、「ダークグラナイト/シルバー」、「スノーホワイト/ローズゴールド」、「コスミックブルー/ローズゴールド」の3種類を展開しています。

<シーンを選ばない。>
「スタイレット」は従来のボタン型電池に代わってピン型リチウムイオン電池を採用したことにより、洗練されたフォームの小型充電タイプを実現しました。フル充電で最大19時間(*1)使用することができます。また、持ち運び可能なポータブル充電器で3回フル充電が可能なため、近くにコンセントがない場所でも安心。旅行や出張時でも、制限なく自由に行動することができます(*2)。さらに電話も聞き取りやすさがアップし、会話がスムーズに。シーンや場所を選ばずあなたのコミュニケーションをサポートします。
*1:電池寿命は使用状況により変わります。
*2:リモコンかタッチコントロールアプリが必要です。

<ナチュラルに聞こえる。>
自然な音質で、実際の音をより忠実に再現する「スタイレット」。
シバントスは、会話の聞き取りやすさにフォーカスし製品開発を行ってきた歴史があります。「スタイレット」は、騒がしい場所での会話の聞き取りやすさや聞き心地を追求した機能を搭載しています。例えば、両耳通信により周囲の音環境を360°瞬時に認識、大人数での会話やレストランなどの騒がしい場所でも、会話を楽しむお手伝いをします。また、補聴器ユーザーの悩みの1つとして、「自分の声の聞こえの違和感」がありますが、「スタイレット」は、あなたの声と相手の声を自動判別、調整する新技術を持ち、音量を上げても自分の声はソフトなまま、相手の声をより楽にしっかりあなたの聞こえに合わせて提供します。

<選ばれる「スタイレット」>
調査によると、「スタイレット」を含む製品群と従来型補聴器の製品群の写真を比較して「どちらに興味があるか」を被験者に尋ねたところ、10人中8人が「スタイレット」を含む製品群を選択しました。これは「スタイレット」が、従来型補聴器に比べて好感度が高いことを物語っています。
また、被験者の購買意欲については、「スタイレット」を提案しない場合には24%の方が「補聴器を買わない」を選択しましたが、「スタイレット」を含む製品群の提案では、10%の方が「補聴器を買わない」という結果となりました。「補聴器を買わない」と答えた24%が、「スタイレット」によって10%までに低下したというのは、驚くべき結果です。これにより、「スタイレット」が補聴器の購入そのものに大きな影響を与え、補聴器の普及につながる可能性があることを示しています。
※シバントス本社調べ(2018)

■ずっと難聴に悩んでいた、モデル・有里 「スタイレット」との出会い

「スタイレット」のモデルには、モデル・有里さんを起用。20代の頃から難聴を抱え、ずっと悩んでいた有里さんですが、「スタイレット」と出会い、世界にはこんなにも色んな音があふれていることを聞こえにお悩みの方々に知ってもらいたい、という思いから難聴であることをオープンにする決意をされました。
なお、お年寄りが使う地味なイメージが強い「補聴器」を身に着けることに抵抗感を抱いていたという有里さん。今回、スタイリッシュなデザインの補聴器「スタイレット」と出会ったことで変わった日々を、ご自身の言葉で語っていただいています。

■難聴である鳥越俊太郎氏が語る、できるビジネスパーソンの新常識

さらに今回シグニア補聴器のアンバサダーを務めるジャーナリストの鳥越俊太郎氏より、ビジネスにおいて「聞こえの衰え」をケアすることの重要性についてコメントをいただきました。

プレスリリース 2018年9月2日

Filename
「STYLETTO(スタイレット)」2018年9月10日(月)発売開始 [pdf, 1 MB]
< 戻る