シバントス社とワイデックス社が合併
補聴器の世界的リーダーを目指す

プレスリリース 2018年5月24日

この度は、シバントス社の未来に関する心躍る進展をお知らせしたく、ご連絡させていただきました。当社は、オーナーであるEQTファンドとともに、デンマークに本拠を置く世界第6位の補聴器メーカーであるワイデックス社と合併することに合意いたしました。

EQTファンドがシバントス社を買収した際、当社はグローバルマーケットリーダーになるという野心的な目標を設定しました。当社は、EQTファンドと手を携えて変革プロセスに着手し、ここ3年間で成長に次ぐ成長を続けてきました。私たちは、革新的な新製品を発表し、業界をリードする広範囲かつ多数の販売チャネルを提供し、世界の拠点を最適化しました。

卓越したプラットフォームを構築したため、次のステップに進むべき時が来たと考えています。ワイデックス社と合併することにより、両社が単独ではなしえない強力なグローバルプレーヤーになる事ができます。
この場をお借りして、この合併は、お客様との価値ある関係を変えるものではないということを強調したいと思います。実際には現在そして将来に渡りお客様のご要望に応え、最高クラスの製品を提供するための足掛かりになると確信しております。
さらに、ワイデックス社との合併は、規制当局の承認を必要とします。これらの承認が完了するまで、両社は引き続き別々に事業を展開し、競合他社として事業を継続致します。当社は、ブランドプラットフォームと製品ラインナップを守ることに全力を傾けており、この合併により何ら影響を受けない事をここに記します。

この合併により、業界で最も強力な研究開発チームが生まれます。シンガポール、エアランゲン(ドイツ)、リンジェ(デンマーク)の研究開発センターにおいて約800名の専門家が擁し、年間研究開発支出は1億ユーロを超える規模になります。
合併企業は、125を超える市場において、広範囲かつ多数の販売流通ネットワークを有する予定です。現在のシバントス社およびワイデックス社の営業チームは、引き続き伝統的な小売チャネルと革新的なオンラインチャネルの両方にサービスを提供し、さらに発展させていきます。
最終的に、ワイデックス社とのパートナーシップは、文化の共有及びビジョンの共有に帰着します。両社は、補聴器業界における約170年の経験と、革新的な「先駆者」としての歴史を有しています。
我々は、両社の既存ユーザーのみならず、聞こえに悩みを持つ何百万人もの人々に対してより良い商品・サービスを提供することにより補聴器市場を拡大しようとする情熱を共有しています。
このプロセスの進捗につきましては、進展があり次第、最新情報をお知らせいたします。
当社は常にお客様第一で行動しており、今回の合併でもこの理念は変わらないことをお約束いたします。当社の製品・サービスの提供については、何ら変わりありません。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。今後とも変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。

プレスリリース 2018年5月24日

Filename
シバントス社とワイデックス社が合併 [pdf, 338 KB]
< 戻る