― 追求したのは会話の楽しさ。―
補聴器は「聞く」から「会話を楽しむ」ツールへ!
“Signia Nxシリーズ” 充電型・耳あな型新登場でラインナップ拡充。

プレスリリース 2018年4月24日

シバントス株式会社(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長:笠原 哲治)は、本来の聞こえをより自然に届ける独自のテクノロジーを搭載した補聴器、Signia Nx(シグニア エヌエックス)シリーズに、「取扱いカンタン」や「目立たない」といったお客様のニーズに対応した新製品を2018年4月24日(火)に発売します。Signia Nxは、従来品を超えた「聞き取り」と「聞き心地」を実現し、補聴器を着けている事を忘れてしまうほど楽で自然な聞こえを追求。補聴器は遂に「聞く」から「会話を楽しむ」ツールへと進化を遂げました!

補聴器の抱えていた問題 – それは「聞き取り」と「聞き心地」の両立でした。

従来の補聴器は、言葉の「聞き取り」を優先して音量を上げると、自分の声の響きや音質など「聞き心地」が損なわれるという問題がありました。絶え間ない製品開発により誕生したシーメンス・シグニア補聴器Signia Nxは、「聞き取り」と「聞き心地」を高品位にバランス。
会話が楽しくなる、思わず話したくなる、そんな聞こえが登場しました。

img-20180202

プレスリリース 2018年4月24日

Filename
Signia Nxシリーズに充電型・耳あな型新登場 [pdf, 516 KB]
< 戻る